ニキビの治療は皮膚科を受診する

ニキビができてしまい、自分でケアをしても治らないときには、皮膚科を受診した方が良いでしょう。間違ったケアの仕方をしてしまうと、かえって悪化してしまう恐れがあるからです。ニキビができる原因は、いくつかあります。肌に皮脂が多く、毛穴が詰まってしまっている場合でも、皮脂が過多になっている原因は、乾燥によることもあります。その場合は、洗い過ぎて皮脂を落とし過ぎることで、肌を守ろうとして皮脂を多く分泌しているのです。このように、自分自身のケアで改善しない場合は、原因を知るためにも皮膚科を受診するべきです。

バックナンバー

↑PAGE TOP